2019年12月


弊社NMNを使用した、臓器システム生物学に対するNMN補給の効果の実証に関する臨床研究を開始


ワシントン大学(ミズーリ州セントルイス)がアメリカ国防総省の科学研究費補助金を受け、実施する臨床研究「Effect of NMN Supplementation on Organ System Biology」(臓器システム生物学に対するNMN補給の効果の実証)が開始されました。


この臨床研究は今井 眞一郎 教授(医学部発生生物学部門・医学部門(兼任))及びサミュエル・クライン 教授 (Samuel Klein, M.D.:ウィリアム・H・ダンフォース医学・栄養科学教授、人間栄養センター所長、老年医学・栄養科学専攻長、応用研究科学センター長)が中心となって実施されます。臨床研究で、NMNを経口投与しその効果を検証するものになります。